お知らせInformations

TOP > > 映像制作Tips > 映像制作Tips#10 Windows10 ビデオエディター【ドリームムービー通信:第241号】

映像制作Tips#10 Windows10 ビデオエディター【ドリームムービー通信:第241号】

今回の映像制作TipsはWindows10に標準装備されている動画編集ソフト“ビデオエディター”を取り上げたいと思います。動画編集用の有料ソフトを購入する必要もなく、フリーソフトをインストールすることも不要ですので、最も動画編集に取り掛かりやすいソフトではないかと思います。

MacユーザーにはiMovieという動画編集ソフトが用意されていて、手軽にクオリティの高い動画を作成することができますが、さてWindows10のビデオエディターの実力やいかに。

■基本的な動画編集
最初に編集したい動画素材を読み込みします。今回のサンプル動画では、自然イメージと空の素材を使用しました。

ストーリーボード(タイムライン)に任意の順番で素材を並べていきます。iMovieの操作感に近いかも知れませんね。
素材の長さを調整したい時はトリミングを選択します。別ウィンドウでイン点、アウト点を決めて尺調整を行います。

編集ソフトなら当たり前にありそうな、素材と素材の繋ぎに適用するトランジションは、ビデオエディターに採用されていないようです。
フェードイン・アウトの機能も同様にありませんので、ここはマイナスポイントでしょうか。

■映像加工
◎モーション
素材に動きを与えることができます。サンプル動画では“拡大、中央へ”を適用してみました。

◎3D効果
映像に光や模様を追加することができます。数種類用意されています。参考までに“オーロラ”を加えてみました。

◎フィルター
映像の質感を変えたい時に使用します。シネマイメージからモノクロまでありますので、表現の幅が広がる嬉しい機能ですね。

◎タイトルカードの追加
簡易的なオープニングを瞬時に作ることが可能です。
タイトルのテンプレートと合わせて背景色も選択できます。

◎タイトル
いわゆる通常のテロップを作成、挿入する機能です。こちらもテンプレートがありますので、強調したいことを文字で表現してみましょう。

◎速度
早回しとスローモーションの機能が用意されています。多少カクカク感がありますが、映像演出としては効果的に使えそうです。

◎BGM
フリー音源が用意されています。今回は“アノタイズド”をチョイスしました。自動的にコンテンツ尺に合わせたエンド処理をしてくれるので、完成度が上がります。

最後にmp4ファイルに書き出して完成です。

★サンプル動画

いかがでしたか?
トランジション機能がないのは少々残念ですが、必要な部分だけを繋ぎ、映像加工はほどほど、そして簡易なテロップを挿入して完成という使い方なら、利用してみる価値はあると思います。ぜひお試しください。

お読みいただき、ありがとうございました。
次回もお楽しみに。

最新のお知らせ

2024_02_26
メルマガ
アクアパーク品川に行ってみた Vol.1 【ドリームムービー通信:292号】 皆さま こんにちは。 今号はナベテツが担当いたします。 20(...)
2024_02_20
メルマガ映像ミエカタDIY
「映像ミエカタDIY #34:ふたたび作り始める人々(2)」【ドリームムービー通信:291号】 「映像ミエカタDIY」は当たり前のものとして受け取っている映(...)
2024_02_13
メルマガ映像ミエカタDIY
「映像ミエカタDIY #33:ふたたび作り始める人々(1)」【ドリームムービー通信:290号】 「映像ミエカタDIY」は当たり前のものとして受け取っている映(...)
2024_02_06
メルマガ映像制作Tips
映像制作Tips#16「アフターエフェクト:モーショントラッキング」【ドリームムービー通信:第289号】 今回は動画加工ソフトのアフターエフェクトの機能をご紹介します(...)
2024_01_31
お知らせメルマガ
「制作事例:日経ビジネス 経営者たちのリンカク」【ドリームムービー通信:第288号】 今回は制作事例としまして、日経ビジネスさまの「経営者たちのリ(...)