お知らせInformations

TOP > > メルマガ > 「私のヒーローと将棋界」【ドリームムービー通信:第111号】

「私のヒーローと将棋界」【ドリームムービー通信:第111号】

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?
ドリームムービー神代(くましろ)です。

今号のメルマガ「私のヒーローと将棋界」の続きです。

瀬川晶司六段をご存知でしょうか?
藤井聡太七段に負けない、文字通り将棋界を動かした伝説の棋士です。

今回はそんな瀬川六段の魅力を少しだけご紹介します。

将棋のプロ棋士になるには、まず奨励会という育成組織に入り、その中で
行われる三段リーグ戦で26歳までに四段に昇段しなければいけません。

瀬川三段(1995年当時)は26歳で昇段できず奨励会を退会となり、
プロの道を諦めなければなりませんでした。

彼は絶望し、「将棋を二度と指すことはない」と大学へ進み、
弁護士を目指して司法試験の勉強に励みますが、司法試験も挫折し、また絶望の時期を迎えます。
しかし、将棋への熱はさめることなく、将棋の世界へ戻ってきました。

社会人となった彼は、アマチュアの大会で数々の成績を残し、さらにプロアマの大会で
プロ棋士をやぶり連勝するなど、将棋界を賑わす大きな活躍を残しました。

そのことがきっかけで、彼は日本将棋連盟に対してプロ編入の嘆願書を
提出し、その結果「プロ編入試験」が行われ、見事プロ棋士になることができました。

このニュースは当時、プロ棋士や奨励会員だけでなく、プロを諦めざるをえなかった数多くの
アマチュア棋士を勇気づけ、感動をよびました。

瀬川六段ご本人の書籍もあります。

「泣き虫しょったんの奇跡 完全版<サラリーマンから将棋のプロへ> 」(講談社文庫)瀬川晶司著

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000205293

をお勧めいたします。

将棋への熱い思いとひた向きな努力によって、挫折から這い上がる姿は、私たちに勇気を与えてくれます。

松田龍平さん主演で映画化もされていますので、そちらも合わせてご覧ください。

2005年7月18日「新宿紀伊国屋ホール」。
瀬川晶司プロ編入試験第1局公開対局、実はその場所に幸運にも私はいました。

公開対局の裏側と瀬川晶司アマ(2005年当時)の対局前の言葉を取材するためです。

対局前
熱い言葉、プロへの強い意気込みを期待してインタビューしましたが、
驚くほど冷静でソフト、さながら「武士」のような落ち着きといった感じで言葉を紡いでいました。

初戦こそ落とすものの、結果、好成績を残し見事プロ入りが決定しました。

翌年日本将棋連盟は「プロ編入制度」を正式に発足しました。

その時から彼は「私のヒーロー」になりました。

あれから15年、決して順風満帆のプロ棋士人生ではありませんが、
今年50代になった瀬川六段の活躍を私は期待しています。
必ずまた将棋界を揺るがす伝説を残してくれると信じています。

いかがでしたか瀬川晶司六段の魅力は伝わりましたか?

ヒーローが人生の喜びを高め、私たちの苦境を支えてくれる。

そんなヒーローの素晴らしさを伝えたい。

しかし、しっかり伝えることはむずかしい…

当社は、それを映像でお手伝いしており、現在キャンペーン中です。

ドリームムービーが「設立10周年キャンペーン」を開催中です!
特別な3つのキャンペーンを活用して自社の魅力を伝えてみませんか!

10周年記念「お客様感謝キャンペーン」第1弾!

10周年記念「お客様感謝キャンペーン」第1弾!

10周年記念「お客様感謝キャンペーン」第2弾!

10周年記念「お客様感謝キャンペーン」第2弾!

10周年記念「お客様感謝キャンペーン」第3弾!

最後の10周年記念「お客様感謝キャンペーン」第3弾!

ドリームムービーの定額動画お客様の声

定額動画お客様の声

お問い合わせお待ちしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。
次号もお楽しみに。

最新のお知らせ

2020_11_25
メルマガドリームムービー134号「一つのコンテンツを掘り下げる!スタッフはどう捉えたか!」④当社の動画編 ドリームムービー134号「一つのコンテンツを掘り下げる!スタ(...)
2020_11_18
メルマガ「一つのコンテンツを掘り下げる!スタッフはどう捉えたか!③名作CM編」【ドリームムービー通信:第133号】 前回に引き続き「一つのコンテンツを掘り下げる!スタッフはどう(...)
2020_11_12
お知らせニュース「シブサワ・レター 〜こぼれ話〜#7」の撮影・編集の協力をさせていただきました。 当社が制作に携わらせていただいております NTTデータエービ(...)
2020_11_11
メルマガ「一つのコンテンツを掘り下げる!スタッフはどう捉えたか!②感動ムービー編」【ドリームムービー通信:第132号】 前回に引き続き「一つのコンテンツを掘り下げる!スタッフはどう(...)
2020_11_04
メルマガ「一つのコンテンツを掘り下げる!スタッフはどう捉えたか!①リュミエール編」【ドリームムービー通信:第131号】 今号より「一つのコンテンツを掘り下げる!スタッフはどう捉えた(...)